中古住宅購入時の気をつけるべき点

 我が家は築17年の中古住宅を購入したのですが、業者さんに物件を紹介されて住宅を実際に見てみる時には、まだ居住中だったこともあり、また子供がもうすぐ産まれるということもあって忙しく、購入を決める前にその物件やその周辺の環境を確認することが出来たのは、たったの一度だけでした。 

 その土地には土地勘もなく、実際に見学させてもらったのは昼間だけでした。日の当たり具合といったものの確認は出来ましたが、その周辺の環境というのは、実際に住んでみてよく分かってきた部分でした。新築であろうとも、周辺の環境というのは後々分かってくるものだとは思いますが、今となって思うこととしては、環境を大体でも掴むために、昼間だけでなく夜も出来るならば足を運んでみる、そして昼間は一度のみならず出来れば数回でも車で通っておけたりもすると、より環境が掴みやすくて大事なことだと実感しています。我が家の場合でいうと、車通りの少ない住宅街と思っていたのですが、住んでみて、目の前の道路がちょうど町内会の境目だったので、意外にも車通りが多かった点が、子供の安全面からしても残念に感じている点です。なので少しでも後悔しないためにも、周辺の環境を確認するということを大事にしてもらえたらと思います。