マイホームの塀は最初から作っておくこと

住宅街にマイホームを建てるのでしたら、自分の家の敷地はわかりやすいように、塀で囲むことをお勧めします。場所によっては塀ではなくてもいいでしょう。柵にしてもいいでしょう。いずれにしても、マイホームの敷地がわかるように、なんらかの境界線的なものを作らなくてはならないと思うんです。

というよりも、最初に境界線的なもの、つまり「柵」ないし「塀」の工事をしておくことをお勧めします。つまり、マイホームを新築で建てる際に、一緒に塀も作ってしまうのがいいでしょう。繰り返しますが「最初に塀を作っておくこと」が肝心なのです。

なぜに「新築時に塀を作っておくこと」にこだわるのかと言いますと、後から塀を作ったのなら、なんとなく角が立つからなのです。「お隣との境界線を作ろう!」と思う時って、8割方お隣との敷地がらみでなにかしら感じることがあった時じゃないですか。

ただまだ心の中で思っている段階の時であっても、家が完成してしばらくしてから、塀を作られたのでは、なんとなくですが気分がいいものではありませんよね。たとえトラブルが発生していない時でも、やはり気分いいものではないわけです。しかし「境界線」ってないと困るものですからね。暮らしていく中で必要性を感じても、後から塀を作るのはあまりいい印象を与えません。ですからこそ「最初に作る」が大事なのです。

PR:群馬県太田市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室