基礎工事や重量鉄骨でもっと家を丈夫に

マイホームは構造上の関係で鉄骨が1本入っています。わが家は一部吹き抜け天井になっていますので、重量鉄骨を入れて支える部分をより強固なものにしたのです。しかし欲をいえば、もう二本か三本ほど、重量鉄骨を入れておけば良かったのかなーと思います。

なぜって、わが家は大きな道路沿いに家があるのですが、車が通ると時々家が揺れますので。大型トラックが立て続けに通ると、家が微妙に振動していますもん。ですから重量鉄骨を入れる本数を増やしておけば、もうちょっとこの微妙な揺れをなんとかできたのかなーと思っています。

もしかすると家そのものの問題ではなく、地中の基礎工事部分の問題なのかも知れませんが。ちなみに、地盤については湿地ということもなく、いたって普通の地盤だったので、基礎工事も特別に深くは掘っていません。しかし住み始めてこの微妙な揺れがストレスに感じますので、何らかの対策をすべきだったなーと、今更ながら思います。建ててからでは遅いいのですけれどね。

PR:群馬県太田市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室